ベランダ 手すり 塗装

ベランダの手すりの塗装を行う際の注意点とは?

ベランダの手すりの塗装を行う際の注意点とは?

ベランダの手すりを塗装されるご予定がおありでしょうか?

 

もし、ベランダの手すりを塗装する場合、どんなことに注意すればよいのでしょうか?

 

 

 

まず、最も注意していただきたいポイントは、「サビの上から塗装をしない」ということです。

 

ベランダの手すりを塗装する前に、まずはサビをしっかり取り除くようにしてください。

 

もし、穴があいている箇所があるようでしたら、その内側に水分が残っていないかを入念に点検してください。

 

そうすることで、できるだけサビの除去をしてから、錆び止め剤を塗り、その後塗装に取りかかると良いでしょう。

 

 

 

最近では、塗料をつきやすくするための下地剤にサビ止め成分が配合されているものもあるようです。

 

それで、必要に応じた商品を活用するものいいかもしれません。

 

 

 

ベランダの手すりであれば、丸いパイプなどを塗装する機会が多いかと思います。

 

丸いパイプを塗装する際には、注意していないとダマやタレを作ることになりかねません。

 

それで、ダマやタレを作らないようにするために、数回に分けて塗り替えをすることや仕上げを焦らないようにすることを覚えておいてください。

 

そうすることで、きっとベランダの手すりの塗装を成功させることができると思いますよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ
優良業者の探し方 塗料の特徴 外壁塗装の費用 屋根塗装の費用 外壁塗装110番