ベランダ 防水塗装 注意点

ベランダの防水塗装を自分で行うときの注意点とは?

ベランダの防水塗装を自分で行うときの注意点とは?

ベランダの防水塗装をご自分でなさっているみなさん、どんな注意点に留意され塗装をなさっていますか?

 

ただやみくもにベランダの防水塗装をしたとしても、再び雨漏りするだけのことが多いようです。

 

それで、ベランダの防水塗装に関する注意点についてある程度正確な知識がないといけません。

 

では、どんな注意点を考慮に入れるとよいのでしょうか?

 

 

 

例えば、現在木造のベランダにはよく「FRP防水」が施されているようです。

 

この施工法が効果を失いやすい場所としては、線路の近くであったり大型車輌が頻繁に通るところが多いようです。

 

つまり、電車や大型車などが通過するような立地条件では、この施工法は割れてしまうことがあり効果を失うことも多々あるようです。

 

 

 

それでもし、マイホームのベランダの「FRP防水」が割れており効果を失っているとしたら、どうでしょうか?

 

このような場合の注意点として、同じ「FRP防水」で補修を施したとしても、早くにその効果が失われる可能性が高いということです。

 

では、このような状況下ではどのような補修を施せばよいのでしょうか?

 

このような状況下では、下地処理をしてからウレタン防水を施すと良いと思われます。

 

 

 

このように、ベランダの防水塗装といってもあらゆる注意点や考慮に入れるべき要素があります。

 

それで、ご自分でベランダの防水塗装をお考えの方は、まずは専門家に一度見てもらって適切なアドバイスや注意点について聞いてみると良いかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ
優良業者の探し方 塗料の特徴 外壁塗装の費用 屋根塗装の費用 外壁塗装110番