弾性塗装

弾性塗装の特徴と耐久年数

弾性塗装の特徴と耐久年数

マイホームに弾性塗装をなさるご予定がおありですか?

 

もし弾性塗装をご予定でしたら、まずその特徴や耐久年数についてよく精通している必要があるかもしれません。

 

 

 

まず弾性塗装の特徴ですが、一般的な水性塗料に比べて10倍近くの塗膜厚があること、そしてゴム系であることがら耐久性に大きなが違いが出てきます。

 

このように、塗膜に弾力性があることから、ひび割れを防いだり、雨水の浸入から建物を守ってくれるのです。

 

また、バイオ技術が取り入れられているものもあり、汚染などから外観を守り、高い透湿性により結露の発生を防いでくれるものもあるようです。

 

 

 

だだ、この弾性の塗料は薄く塗ったとしてあまり効果は期待できません。

 

それで、厚く塗ることがそのポイントだと言えます。

 

 

 

さらに、弾性塗料を塗る方法は3つあります。

 

単層弾性仕上げ、複層弾性仕上げ、微弾性下塗り+上塗りの3つです。

 

どの方法で塗装を進めていくかは、どの場所のどのようなものに塗るのかをよく考え、それに適した方法で塗装をしていく必要があります。

 

 

 

このように、外壁塗装で弾性塗料を使用するかどうかによって、数年後の外壁の状態に大きな差がでてくることは間違いありません。

 

どんな弾性塗料で塗装するかによって、耐久年数は異なりますが、平均すると7〜8年程度のようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
優良業者の探し方 塗料の特徴 外壁塗装の費用 屋根塗装の費用 外壁塗装110番