ひび割れ,補修

ひび割れを補修するときの最善の方法は?

ひび割れを補修するときの最善の方法は?

マイホームや倉庫のひび割れの補修をお考えですか?

 

ひび割れの補修をすると言っても、いくつもの方法があるようです。

 

どの方法が一番良いのでしょうか?

 

 

 

ひび割れは、その幅の大きさや発生した部位、さらに今後拡大する可能性があるかないかによって補修を施す方法が異なります。

 

それで、症状を的確に判別し、建物全体の形態などを考慮した上で補修の方法をを検討する必要があるのです。

 

とはいえ、ひび割れについてあまり詳しい知識を持っていない場合、自分では判断しかねますよね。

 

それで、まずは一度専門の業者に見てもらうことが良いかもしれません。

 

そうすることで、症状に合った補修をすることができると思います。

 

 

 

専門の業者から適切なアドバイスをもらった後、ご自分で補修をなさる方もおられることでしょう。

 

もし、コンクリートのひび割れを補修するならば、「普通セメント」を使わないことがポイントです。

 

「普通セメント」ではなく、「無収縮セメント」を使うようにしてください。

 

「無収縮セメント」は、「普通セメント」に比べるとコストが数倍高くなります。

 

しかし、その後再度ひび割れの補修をする必要がなくなりますので、是非「無収縮セメント」を使うようにしてください。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
優良業者の探し方 塗料の特徴 外壁塗装の費用 屋根塗装の費用 外壁塗装110番