セラミック塗装

セラミック塗装の特徴と耐久年数

セラミック塗装の特徴と耐久年数

みなさん、セラミック塗装をお考えですか?

 

もし、セラミック塗装をお考えでしたら、手続きを進める前に、まずその特徴と耐久年数についてよく理解しておくことは大切です。

 

 

 

以前使われていたセラミックの塗料は水を弾きやすく、汚れがつきやすいというデメリットがありました。

 

しかし、最近では新商品が開発され、成分内のセラミック同士を結合させ、水になじみやすい性質を実現することができているようです。

 

それで、雨が降ると水膜で塗装面がコーティングされ、汚れを洗い流してくれます。

 

そのため、外壁を長い期間美しく保つことができるわけです。

 

 

 

では、そもそもセラミック塗料とはどういう塗料のことを指すのでしょうか?

 

一般的に言って、アクリルやシリコン樹脂塗料に、セラミックを混ぜ込んだ塗料のことを指しています。

 

この塗料を使って塗装をすれば、シリコン樹脂塗料の1,5倍ほどの耐久性を実現することができます。

 

例を挙げますと、シリコン樹脂塗料の耐久年数が10年〜12年であるならば、セラミック塗料の耐久年数は15年以上というような差が出てきます。

 

セラミック塗装をすれば耐久年数が長くなるため、その分再塗装をする必要な時期が延びることになります。

 

そういうわけで、マイホームにかかる維持管理コストを抑えることができるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
優良業者の探し方 塗料の特徴 外壁塗装の費用 屋根塗装の費用 外壁塗装110番