水性塗料 油性塗料 違い

水性塗料と油性塗料の違いについて詳しく解説

水性塗料と油性塗料の違い

みなさん、水性塗料と油性塗料の違いについてご存知ですか?

 

リフォームにとりかかる前に、その違いをよく理解しておくことで、後悔のないリフォームを実現できます。

 

 

水性も油性の塗料も、当然ながらそれぞれ長所と短所があります。

 

では、それらの一番の違いは一体何なのでしょうか?

 

それは、「におい」です。

 

もし、ご近所への配慮を優先させたい方であれば、水性のものをお使いになると良いかもしれません

 

さらに、赤ちゃんやお年寄りがおられたり、アレルギーをお持ちの方も、においの少ない水性塗料をお使いになるとよいでしょう。

 

 

では、特徴についてはどんな違いがあるのでしょうか?

 

簡単にご説明いたしますと、水性より油性の塗料の方が、耐久性に優れています

 

とはいえ、水性の方が職人が塗りやすいことから、よく使われているのは水性の方です。

 

 

他にも、油性のものは木部への浸透性が高いことや長い期間水を弾く効果があること、汚れに強いことがその特徴とされています。

 

水性塗料は、乾燥が良いことから塗装の工期短縮がしやすいこと、靭性に優れていることや酸化が低いなどの特徴があるようです。

 

 

このように、水性と油性の塗料にはそれぞれの長所や短所があります。

 

それで、その違いをよく把握されてからお選びになるようお勧めいたします。


ホーム RSS購読 サイトマップ
優良業者の探し方 塗料の特徴 外壁塗装の費用 屋根塗装の費用 外壁塗装110番