塗料 役割

塗料の役割を知っておこう

塗料の役割を知っておこう

塗料の役割について、みなさんどんな役割をご存知でしょうか?

 

塗料の役割は意外と沢山あります。

 

大きく分けると、三つの役割があるようです。

 

 

その一つ目は、「保護」です。

 

建築物は一般的に、水や日光、風雨、大気中の腐食性物質などにより劣化するものです。

 

この点、塗料は建物に丈夫な皮膜をつくり建物を保護し、錆びを防いでくれます

 

塗料が塗られているのとそうでないのとでは、数年で大きな差が出ます。

 

特に木材の場合、撥水性を持たせたり、木の呼吸をさまたげないような保護材を塗らなければ自然に腐朽します

 

このように、塗料には様々な劣化要因から「保護」する役割があるのです。

 

 

 

2つ目は、「外観」です。

 

塗料により色彩や模様などを自由に楽しむことができます。

 

これも、大きな役割の一つだと言えます。

 

 

 

3つ目が、「特殊機能」です。

 

最近では、防水や防錆、防虫、抗菌、防音機能など様々な特殊機能が期待されるようになっています。

 

また、省エネで環境を考えた商品も多く開発されているようです。

 

光触媒塗料やナノテクノロジー塗料、遮熱塗料などはその代表となる例です。

 

さらに、吸水性や調湿コントロール性、マイナスイオンの発生など多く特殊な機能を備えた商品も登場してきているようです。

 

 

このように、塗料にはたくさんの役割があるようですが、その役割について少しお分かりいただけたでしょうか?


ホーム RSS購読 サイトマップ
優良業者の探し方 塗料の特徴 外壁塗装の費用 屋根塗装の費用 外壁塗装110番