塗装 雨漏り

塗装後に雨漏りをしたらどのように対応したらいいの?

塗装後に雨漏りをしたらどのように対応したらいいの?

みなさんのマイホームは、塗装した後に雨漏りが見られますか?

 

もし、今はそうでないとしても、今後塗装をした後に雨漏りが見られたらどうすればいいのでしょうか?

 

 

 

みなさんのマイホームは、新築10年以内でしょうか?

 

もし、新築10年以内であれば、塗装の施工業者にも無償補償の義務があるようです。

 

それで、施工業者に連絡を入れてみると良いかと思います。

 

とはいっても、高圧的な態度は厳禁です。

 

なぜでしょうか?

 

なぜなら、高圧的な態度で、あるいは感情的になって連絡を入れるとトラブルのもとになることが多いようです。

 

こうなると、やってもらえるはずの雨漏りに関する補修もしてもらえなくなりかねません。

 

ですから、温厚な口調で連絡をされるようお勧めいたします。

 

 

 

では、施工したマイホームが築10年以上経っている場合、どのように対処すればよいのでしょうか?

 

すでに劣化している家に塗装を施す場合、毛細管現象で雨漏りすることは少なくないようです。

 

それで、雨漏りの原因は必ずしも塗装に関係する施工であるとは断定しにくいようです。

 

そのため、雨漏りの原因が今回の塗装と本当に関係があるのか専門家に調査をしてもらうことが必要になります。

 

あるいは、塗装の際に施工業者が屋根や外壁の一部を破損させたなどの場面を目撃することもあることでしょう。

 

このような場合は、その件についてやはり温厚な態度で業者に連絡すると良いと思います。

 

良心的な業者であれば、親切に対応してくれるはずですよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ
優良業者の探し方 塗料の特徴 外壁塗装の費用 屋根塗装の費用 外壁塗装110番