塗装 下地処理

塗装の下地処理について詳しく解説

塗装の下地処理について詳しく解説

塗装の下地処理について、みなさんどうお考えですか?

 

下地処理はそれほど重要なことなのでしょうか?

 

 

最近、塗装に関するトラブルが増えてきていることを、みなさんすでにお聞きになっていることかと思います。

 

では、外壁のメンテナンス後に起こるトラブルの主な原因は何だと思われますか?

 

あるデータによると、そのトラブルの80%以上は下地処理の不良とされています。

 

 

塗装をするにあたって、かりに質の良いの塗料を使っていたとしても、下地処理をしっかりしていなければ、何の効果もないに等しいと言えます。

 

下地処理とは、新しい塗料を塗る前に、すでに付いている汚れを落とすことや補修すべき箇所を補修する作業のことです。

 

この作業により、その後の耐久性が決まると言っても過言ではありません。

 

 

塗装にあたって、やはりこの前準備が最も重要な段階になります。

 

もし、塗装における下地処理をしっかり行わないと、仕上げの際や塗装後数年以内に必ずその影響が目に見える形であらわれてくるものです。

 

極端な場合、塗装の効果が無くなったり、状態が急速に悪化したり、塗料がはがれることもあるようです。

 

 

このように、下地処理が塗装において仕上がりに大きな影響を与えることを覚えておいてください。

塗装の下地処理について詳しく解説関連ページ

塗装の下塗りについて詳しく解説
塗装の工程にはいくつかの段階があります。ここでは塗装の下塗りについて詳しく解説しています。
塗装の中塗りについて詳しく解説
塗装の工程にはいくつかの段階があります。ここでは塗装の中塗りについて詳しく解説しています。
塗装の上塗りについて詳しく解説
塗装の工程にはいくつかの段階があります。ここでは塗装の上塗りについて詳しく解説しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
優良業者の探し方 塗料の特徴 外壁塗装の費用 屋根塗装の費用 外壁塗装110番