塗装 上塗り

塗装の上塗りについて詳しく解説

塗装の上塗りについて詳しく解説

一般的に言って、塗装の上塗りは中塗りと同様の塗料を使うようです。

 

では、外壁塗装の上塗り塗料にはどんな種類があるのでしょうか?

 

ここでは、主に使われている4つの上塗り塗料をご紹介させていただきます。

 

 

まず、1つ目が「ウレタン樹脂塗料」です。

 

この上塗り塗料は、塗装の場所を選ばない万能塗料であるため使いやすさがその人気の秘訣です。

 

アクリル塗料よりも耐久性があります。

 

この塗料の、耐用年数は8年〜10年です。

 

 

2つ目は、「フッ素樹脂塗料」です。

 

この上塗り塗料は、他の塗料よりもあらゆる点で優れています

 

そのため、当然のことながら値段も他の塗料よりも高くなりますし、塗装工事にかかる費用も決して安くありません。

 

とはいえ、次の塗装が必要になるまでの期間を延ばすことができます。

 

それで、長い目で見ると、コストダウンにつながる場合もあるようです。

 

この塗料の耐用年数15年〜 20年です。

 

 

3つ目は、「アクリル樹脂塗料」です。

 

新築の塗装の際によく使われるのが、この上塗り塗料です。

 

その目的として、コストを抑えることがあるようです。

 

耐用年数は6年〜8年とされています。

 

 

最後に、「シリコン樹脂塗料」です。

 

耐久性に優れていることから、現在では外壁の塗装において、一番多く使われている上塗り塗料です。

 

弾性効果も合わせ持っていることもその魅力の1つです。

 

耐久年数10年〜13年とされています。

塗装の上塗りについて詳しく解説関連ページ

塗装の下地処理について詳しく解説
塗装の工程にはいくつかの段階があります。ここでは塗装の下地処理について詳しく解説しています。
塗装の下塗りについて詳しく解説
塗装の工程にはいくつかの段階があります。ここでは塗装の下塗りについて詳しく解説しています。
塗装の中塗りについて詳しく解説
塗装の工程にはいくつかの段階があります。ここでは塗装の中塗りについて詳しく解説しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
優良業者の探し方 塗料の特徴 外壁塗装の費用 屋根塗装の費用 外壁塗装110番