外壁塗装 屋根塗装 手抜き 対処

外壁塗装・屋根塗装で手抜き工事が発覚した時の対処法

外壁塗装・屋根塗装で手抜き工事が発覚した時の対処法

外壁塗装や屋根塗装で、手抜きが発覚した場合、どのように対処したらよいのでしょうか?

 

 

 

一般的に、良心的な外壁や屋根の塗装業者であれば手抜きが発覚しても容易に対処できます。

 

というのも、そのような外壁や屋根の塗装業者は手抜き工事に対するサポート体制が整っているからです。

 

例えば、外壁や屋根の塗装業者が独自に5年あるいは10年などの保証をつけているようです。

 

それで、そのような保証体制が整っている外壁や屋根の塗装業者であれば、きちんとした対応を期待できます。

 

 

 

さらに、日本塗装工業会という組織に加盟している業者も割と容易に対処ができるはずです。

 

なぜなら、この組織に加盟している業者が施工した場合、施工が完了した後必ず日本塗装工業会の検査員が検査をします。

 

そして、品質保証書を発行して、最長5年の保証をつけてくれるからです。

 

それで、このような保証体制が確立している業者であれば仮に手抜きが発覚しても施工を安心して依頼できます。

 

 

 

とはいえ、サポート体制が整っておらず、手抜き工事が発覚してから何度連絡を入れても、何の対処もしてくれない外壁や屋根の塗装業者もあるようです。

 

さらに、場合によっては経済不況のために業者が倒産してしまい、手抜き工事の対処ができなくなることもあります。

 

このように業者からのサポートを受けられない場合は、公的な機関に相談するのが最善の対処方法のようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
優良業者の探し方 塗料の特徴 外壁塗装の費用 屋根塗装の費用 外壁塗装110番